MENU

ガチナンパの心理テクニックや会話術がすごすぎる!

目次

人は見た目が9割

これからナンパをしようと考えているのであれば、ナンパ ガチの心理テクニックでメンタル面を攻めて、
会話術を学んでおくことが求められます。活用できる心理テクニックとしてハロー効果があげられます。

この効果はどのようなものかというと、見た目や身なりを良くすることで、その人自身がよく見えてしまうという心理現象を指します。

例えばウインドーショッピング中に声をかけられた際に、相手の髪の毛がぼさぼさであったりひげがボーボーであったり、毛玉の付いる洋服を着ていれば、多くの場合お断りに至ることでしょう。

一方でスーツで身なりがしっかりしていて、物腰の柔らかい丁寧な口調の男性であれば、この二人の印象はがらりと変わります。

このように相手に与える印象は大きく違うことを頭に入れておきましょう。

 

声かけの心理学

そして狙っている子がいるのであれば、その子だけに響くキーワードを活用することが大切です。

例えばカバンについているキャラクターのマスコットなどを発してみましょう。

その時にもしも振り向いてくれれば、声をかける大きなきっかけとなります。この方法を活用するためには、現在流行しているアーティストやキャラクターなどをある程度覚えておくことによって、可能性が高まります。

次にカクテルパーティー現象とよばれるものです。これは騒がしくにぎやかな場所にいたとしても、気になっている言葉には耳を傾けるという心理状態を指します。例えばがやがやとした街を歩いていたとしても、自分の好きなアーティストの音楽が聞こえてくれば、鮮明に聞こえるものです。

 

質問の心理学

まず最初に声をかけたりナンパをする際にきっかけを作る方法として、この現象を使うことは一つの有効手段といえます。

そして覚えておきたい会話術として、イエスとノーで答えられる質問をしないことが挙げられます。

例えば今時間があるかどうかという質問をした場合には、相手の答えはイエスかノーで終わってしまいます。

この質問を、一緒にお茶をしたいけれども何分なら時間があるかという質問に切り替えれば、相手は一瞬、間を作ることになります。

この間が非常に大切であり、ここに追い打ちをかけるのがお勧めです。

無視することなく会話をしてもらえる時間ができれば、あえて答えやすい質問をすることで成功に導かれます。

例えばコーヒーと紅茶ではどちらが好きなのかなどの質問であれば、紅茶かコーヒーを選ぶことになり、
お茶にいかなという選択肢はなくなります。

そのほかにもさまざまな方法がありますが必ずしも成功するものではないので、諦めずに続けることが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次