MENU

会話がうまくできない方へ

会話をうまくできないと悩んでいる場合、自分がどのような性格なのかを分析してみましょう。うまくできないと言う人の場合は、人と話す事に緊張してしまうタイプ、人の話に興味を持っていないタイプ、自分の意見や主張が出来ないタイプがいます。

話す事に緊張してしまう場合は主に会話をする事を日頃から避けているケースがあります。うまくできないと悩む位なら、もっと人と会話をする機会を設けて話す時間を増やしていくのが良いでしょう。どのタイプも会話を楽しむ気持ちがないから、うまくできない可能性が非常に高く、話す時間を有意義な時間だと思うように考え方を変えてみるのも一つの手段です。

会話にどんなメリットがあるのか考えてみましょう。小さな事でも自分の知り得ない情報を入手して、その情報を自分の頭の中に吸収する事が出来ます。一人の人とその話題で会話が弾んだ後に、別の誰かと話をする際のネタとして仕入れておくのも良い方法です。当然、ネタとなる話題はテレビや本から入手する事は出来ますが、話す事が苦手だからこそ実践で積み重ねていく事が大切です。

会話はコミュニケーションの一環として最も必要となるものであり、人の喜怒哀楽などの感情に気付くのも言葉から知り得る情報です。うまくできないと困る場面としては、一緒に居る相手の体調不良の変化、悲しんでいる感情、喜んでくれた感情を気付くのに反応が遅れてしまいます。表情で感情を読み取る事も出来ますが、誰しも顔に出すとは限らないので、言葉の変化に気付けるようにする為に、日頃から会話で特訓しておく方が良いでしょう。

うまくできないと自分では思っていても、実際には相手側は楽しんでいるケースもあります。親しい友人が一人でも居るのであれば、自分だけで抱え込まずに相談をしてみるのもオススメです。

学生の内は良いですが、社会人になってからうまくできないでは済まない場面が多く出てくるため、早い内から慣れるように努力を行いましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次