MENU

薄毛・ハゲる原因

ハゲる原因には皮膚炎や円形脱毛症などのように疾患が関係している事例もありますが、薄毛になっている方において最も多いのは遺伝が深く関係している様子です。

特にまだ年齢が若いのにも関わらず薄毛になっている方々の間には母方の祖父が薄毛という共通点があるため、薄毛の方が多い家系の場合は早い段階から対策を施しておく必要があります。

また、慢性的に睡眠時間が不足していて睡眠不足になっている事もハゲる原因であり、人体の頭髪は成長ホルモンが活性化する事によって発毛されるのですが、睡眠不足になると成長ホルモンの分泌量が減少するため、発毛を行っている毛母細胞が髪の毛を生み出さなくなります。

その結果発毛される髪の毛の量を抜け毛が上回ってしまう様子になるので、短期間で頭皮が目立つ様相に変化してしまいます。

さらに、睡眠不足になると体内の男性ホルモンの働きが活性化する上に、男性ホルモンが女性ホルモンを大きく上回るほどの割合を占めるようになるため、男性ホルモンが毛母細胞を阻害しAGAを発症します。

そして、健康的な髪の毛を発毛し成長させていくためには、常に良好に流れている血液に合わせて多くの栄養も届けなければならないのですが、喫煙する習慣を持っている方は煙草に含有されている成分によって血管が狭くなり、血液の量が減少し流れも悪くなるため血液と栄養が届けられなくなる事で薄毛になります。

そのため、喫煙する習慣を持っている方は禁煙する事が重要であり、非喫煙者においても日頃の食生活が健やかではないと感じられる場合には、食生活の見直しをする必要もあります。

日々の食事の中で糖分を過剰摂取していたり脂分が多い食事内容であると、髪の毛を形成するための栄養素のバランスが乱れてしまい濃くて太い髪の毛が生み出せなくなりますし、頭皮上に分泌される皮脂の量も増加傾向になり毛穴が詰まってハゲる原因に繋がるので、薄毛を防ぐためには遺伝について思慮しつつ生活習慣の見直しを行いましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次