MENU

ナンパの第一声は?最初の一言の鉄板な台詞5選

目次

ナンパの第一声で使えるフレーズ

ナンパ 声のかけ方にはいくつか覚えておきたいポイントがあるので、
しっかりと内容を理解して実践に活かすようにすると成功率を上げることができます。

最初の一言に最適な会話術の一つ目は、「こんにちは」あるいは「こんばんは」というような挨拶をするということです。

最も自然な声のかけ方であり、挨拶をされたら自然と返してくれる人も多いです。

最初の一言としてはあまり警戒されることはないので、あまり声をかけることが得意ではない人でも声をかけやすくなっています。

挨拶をする際はできるだけ爽やかにかつ笑顔でするということが大切です。

ただしにやにやとした笑顔をしてしまうと相手に不信感を与えてしまうことがあるので、自然な笑顔を心掛けると良いでしょう。

2つ目の声かけ方


二つ目声かけは「すみません」と言うということです。

この言葉をかけることによって、相手が自分に何か用事があるという意味に受け取ることができます。

その際は呼び止めた後にする表情が非常に重要です。

声をかけた相手を見るときに不快な印象を与えてしまうと次につながらなくなってしまうため、

爽やかな印象にして自分の話を聞いてもらえるように努めていきます。

声をかけた後は何か相手に質問してみましょう。

初心者でも声かけしやすい方法は、道を尋ねるということです。

道を尋ねた後はしっかりとお礼を言って、その後に少ししてから相手を追いかけて再び会話をするようにします。

3つ目の声かけ方


声かけの方法の三つ目は、知り合いと見間違えてしまったふりをするということです。

この場合はある程度事前に計画を立てておくことでスムーズに進めていくことができます。

多少の演技力も必要となってくるので、予め練習しておくと良いです。

人違いであったと分かった際はきちんと相手に対して謝罪する姿勢を見せることが重要です。

謝罪をし終えたら「運命の出会いかもしれない」「何かの縁だ」といった言葉を使いながら、お茶や食事に誘ってみるようにします。

4つ目の声かけ方

声かけ方の四つ目は身につけている持ち物や服装などを褒めてみることです。

自分のセンスを褒められて嫌な気分になる人はいません。相手のことを褒めることで自分に対して心を開いてもらえるきっかけとなるので、会話を広げるための手段として一言目に使ってみると良いです。

ただし、相手から見て媚びない印象で褒めることも大切です。

そのためには、自分の発言、振る舞いに対して客観視すると良いでしょう。

 

5つ目の声かけ方


声のかけ方、五つ目はストレートに友達になってもらいたいという旨を伝えるということです。

突然声をかけてしまうと驚いてしまう人も多いですが、恋人ではなく友達ということを強調することで親しみやすくなるケースもあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次