MENU

ナンパ無視反応に効くメンタル視点

今回考察していくのは
アプローチの切り返し集です。

ナンパの一番難しい瞬間は
肝心な会話のきっかけとなる出だしの部分。

奥手過ぎても良くない
ストレートすぎても良くない

そういったバランスと考察する力が
試される瞬間でもあります。

ターゲットとなる女性の反応を見つつも
より良作な言葉を掛け続ける事。

またナンパを成功に導く話題へと広げていく事。

正解がないために
自分のオリジナル展開を模索していくしかありません。

 

目次

”無視も要点を把握すれば怖くない”

 

動画の最後に要点がまとまっていますが。
動画主の方も、無視は常にあるものと捉えナンパをしているのがわかります。

 

●ナンパに対するマインド

 

相手を尊重した気持ちでコミュニケーションを取るのは
日本人の鉄則のようなものがあります。

だからこそ、無視や貶し言葉に対する抗体というのは
付きづらいもの。

巷ではメンタルと表せますが
ガラスのハートではナンパも続きません。

無視に対する考え方を変えなくてはいけません。
逆を言えば、考え方を変えるだけで
抗体が付くのですから安いものです。

この動画で記載されているように
「アプローチ自体無視されるのが当たり前。」
と考えてナンパに挑むことが
まず第一の回数をこなせる秘訣と言えるでしょう。

 

●印象落ちない論

 

これを読む人の多くは、勧誘という行為を
経験しているはずです。

学生時代の部活動やサークル活動
はたまたイベント活動に携われば
人員確保のための勧誘をしなくてはいけなくなります。

その時どうすれば相手が
自分の目を見て話を返してくれるのか。
どうすれば無視せず反応をくれるのか。

考えたことがあるはずです。

社会人バリバリの営業マンであれば
それも仕事の一部でしょう。

マイナスイメージから入るのが当然なのであれば
それ以上、印象も下がりようがない。
つまり怖くない。

こうした開き直る姿勢、考え方も
ナンパから学べる大切な要素です。

”考察力を備え真摯であれ”

今回のナンパ師は相手に気を使い、引くタイミングをよく理解していると感じます。

まとめにもある通り
「粘るべきは相手の表情や言葉に反応がある時のみ」

 

●反応は言葉よりむしろ体

 

ナンパ時に相手の反応に気を配る人なら感じますが
アプローチに対し、心で反応をくれる人は
言葉より体が先行します。

言葉で笑うより、体で笑っている方が良い反応である。
ということです。

統計的に男性よりも女性の方が
ボディランゲージで会話をしているという結果も出ています。

ですので、もし言葉が素っ気なくとも
しっかりと仕草や、ちょっとした表情の変化から
自分に対する印象を考察する目も養うべきでしょう。

 

”まとめ”

 

今回はナンパの際のマインド面と視点について
記載しましたが、ナンパも相手が人間であるだけに
奥が深く追求しがいがあります。

言葉もコミュニケーションのツールであるので
それ以外のマインド的部分も気にすると
成功確率にも変化が見られることでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次