ナンパ

ナンパでなかなか女性に声を掛けられない男性(地蔵)が声を掛けられるようになる方法

 

孤独から逃れるためには出会いが必要ですが、

出会いに恵まれていないからこそ孤独なわけであり、

現在の生活そのままでは何も変わらない以上、

自分から積極的に出会いを求めなければなりません。

そこで手っ取り早いのが、ナンパで出会うことですが

いざ外に出て声をかけてみようとしたものの、

一人にも声かけできず帰宅する人は多くいます。

街角でずっと立ちすくんでいるだけの姿を考えれば

“ナンパ地蔵”と揶揄されるのも当然です。

ナンパ地蔵を克服するには

ナンパ地蔵から脱するには、

まず“知らない女性に話しかける”のに慣れることです。

そこでおススメなのが、

ナンパと関係なしに話しかけてみることです。

知らない人に話しかけるのですから、

道を聞くくらいでもいいでしょう。

とにかく数をこなして、

話しかけるという行為をごく自然なこととできるようにしてみましょう。

そして、その延長線上でナンパへとつなげていけばいいのです。

どんな言葉で話しかけるか?

より詳しくいうと、まずは道を聞きます。

そこで道を聞く以外のコミュニケーションを図ってみればいいのです。

付近にある気になるモノについてであったり

ちょっとした世間話程度であったり、と話題は何でも構いません。

ただし、ちょっと笑いを取れる内容であるようにしておくといいでしょう。

その話題についての女性の反応を伺い、その先へとつなげられそうかどうか判断できます。

上記の過程でコミュニケーションを継続できれば

そのままナンパ成功となる可能性もありますし、

少なくとも次の声かけへの自信となります。

コミュニケーションを打ち切られれば、

はじめからナンパ成功しない相手だったとなるだけですが、

やはり自信へとつなげられます。

たくさんの声掛け経験を積む

このように成功と失敗を繰り返して自信を積み重ねることが、

ナンパ地蔵からの脱却へとつながっていくのです。

ネット上には“声をかけてすぐに!”といった情報がいくつも見られますが、

それらのほとんどが脚色されたものです。

女性の多くは何かしらのトラブルに巻き込まれないようにと警戒するわけですから

声かけしてすぐにホイホイとついていく人自体がそれほど存在するはずがありません。

成功しているナンパ師は次々と声をかけることができているのであり、

そのようなテクニックを身につけるためには

躊躇せず女性に話しかけることが必要不可欠となります。

いくつものステップを一度にこなそうとするのではなく

まずは目の前の女性に話しかけることだけでも挑戦してみてください。

まとめ

話しかけることになれる

道を聞くなどハードルの低いところからはじめてみる

たくさん話しかけて数をこなす